部員紹介

2016年度 (平成28年度)



  • 学部:文
  • 出身:沼津東 (静岡)

  • 紹介:

(丹治)


  • 学部:経済
  • 出身:桐朋 (東京)

  • 紹介:

  • オレ、チコク、キライ。オレ、ラクタン、キライ。マジ、アリエナイ。オレ、ホモ、ムリ。カミジョウ、チコクマ。カミジョウ、ラクタンゲイニン。カミジョウ、ホモ。マジ、ムリ。カミジョウ、オレ、オナジ、ダンシコウ。ダカラ、カミジョウ、ユルス。

    (若松)


  • 学部:経済
  • 出身:仙台青陵中等教育 (宮城)

  • 紹介:

  • 彼はとっても食べるのが遅い。
    どれくらい遅いかというと、定食屋のおばちゃんに心配されるくらい遅い。

    そして彼は言っていた。

    「俺東北大に来てよかったわ~…みんなに会えたから」

    真顔でそんなことサラッと言える彼はかっこいいのかネジ飛んでるのか、これから見極めていきたい。

    (櫻井)


  • 学部:経済
  • 出身:安積黎明 (福島)

  • 紹介:

  • 「小泉 とき」、個性豊かな部員たちの中、ひと際和やかで落ち着いた雰囲気を醸し出す彼女はみんなのお母さんと言っても過言ではない。
    今年度入部した貴重な女子部員2人の内の1人であり、珍しい中ペン使いでもある彼女は愛称『とっきー』として親しまれている。
    目標は「最後にやりきったと思えるくらいになる」ことだそう。これからの頑張り期待しよう。

    ここまでの説明だけだと、とっきーは至って普通の女の子であるが、しかし、それは年齢の割に趣味が相撲、甲子園野球、水戸黄門を見ることというアブノーマル過ぎるという点を除いてのことである。
    どれもご年配の方々が好みそうな趣味で思わずツッコミをいれたくなってしまうが、彼女の落ち着いた雰囲気はそういうものが好きだからこそなのかもしれない。

    (宮崎)


  • 学部:工 [電気]
  • 出身: 金沢泉丘 (石川)

  • 紹介:

  • 帽子「うーん難しい。こいつは悪運に苛まれている。高身長で顔は悪くない。そして自分のハイスペックさを発揮したいと願っておる。どこに入れたものか。」

    コッター「お願い、sgymとunoと一緒にしないで。どうか文学部以外の所にしてッ…!」

    帽子「それではコウガクブゥゥゥゥ!!!亀仙人のいる青葉山で修行に励みなさい!」


    こうして彼はピンチをチャンスにするイケメンハイスペックへの道を歩み始めた。

    (宇野)


  • 学部:経済
  • 出身:県立太田 (群馬)

  • 紹介:

  • 卓球部のオネェ系男子、しかし、異国グンマーから来たと聞けば一安心である。

    初対面の時に卓球は初心者同然であると言っていたが、中学校から体育などで卓球をしていたこともあり、控えめに言っても初心者同然のレベルではない。

    そんな彼が東北大学に来た理由は、昔からよく宮城に来て馴染みがあったからというが、本音はいかに…

    大学での更なる成長に期待せずにはいられない!

(細川)

※20歳です。


  • 学部:文
  • 出身:滝 (愛知)

  • 紹介:

  • やぁ。ボク杉山!実はみんなに黙ってたけどもう20歳なんだ!!今まで頑張って受けてた必修英語の授業のクラスが違うことが分かって早くも落単寸前だけどこんなの2浪が決まった時に比べたら何のその(*^^*)

    え?みんなでご飯食べに行くの??でも今日はネトゲで生成した彼女とチョメチョメしないといけないからボク帰る~。じゃあみんな、またね~(^ω^)

(上條)


  • 学部:文
  • 出身:横手 (秋田)

  • 紹介:

  • 最近、警察官に中学生だと勘違いされたんだそう(笑)。童顔なのかな?
    でも我々男子がバカやっていても、ドン引きすることなく接してくれる。彼女の器の大きさを感じる。同時にその姿は、幾多の壁を乗り越えてきたかのように思える(俺の単なる想像です笑)。

    時々冷たい目をするときがあって男子が「怖い怖い」と言っているけど、それは我々に警告してくれてるんだよね?これからも男子を温かく見守ってください。

(渡辺)


  • 学部:工[化バイ]
  • 出身:福島 (福島)

  • 紹介:

  • 切れ味鋭いギャグセンとツッコミを引っさげて、「真の名門」福島高校からやってきたミフミ\(^o^)/

    名前の読み方と嫌らしい粒高は初見さんを薙ぎ倒し、OBの方にそっくりな顔立ちで先輩方を翻弄するプラスチック大好きマン\(^o^)/
    プラスチックで底知れない野望を抱いているようだが、ここではあまりにも恐ろしくて語れない……

    某一年生(筆者)にも優しくしてあげるその性格でこれからもみんなの話し相手になってね!
    \(^o^)/

    (杉山)


  • 学部 :工[電気]
  • 出身:福島 (福島)

  • 紹介:

  • 平野井先輩、角田先輩、椎名先輩というなだたる先輩方を輩出した名門、安積高校をライバル視し、「俺らの福島高校こそ真の名門」だと言い張る中村。

    そんな中村は、現在弁当男子を極めようとしているらしい……。口癖は「あ〜今冷蔵庫に食材ないんだよね〜(ドヤ」と「おれ、アンチ生協だから(ドヤ」。彼の前で「生協は便利」、「学食うまい」系のことを言ってしまうと命の保証はできないかもしれない……。

    ちなみに4年生の中村友恵さんとは姉弟で、料理を分けてもらうほどの仲良しである。

    (島田)


  • 学部:理[化学]
  • 出身:県立前橋 (群馬)

  • 紹介:

  • 暑い、グンマー。この2つの概念で構成される県、群馬県から来た男、宮崎悟、別名KAGOME。
    群馬を愛してると謳うが名産のレタスではなくトマトを愛し貪るこの男、卓球初心者と公言する一方、いきなりドライブを打ってくる姿はテスト前勉強してないアピールをして高得点を取ってくるクラスに1人はいる存在宛らである。

    練習に毎日来る誠実さと体育館の鍵を掛け忘れたまま返却するポンコツさを併せ持つ二面性は趣味の人狼ゲームが高じた結果であると言って差し支えないだろう。

    どちらが本当の彼なのか、我々は試されているのである。

    (菊池)


  • 学部:医/保 [放射]
  • 出身:安積 (福島)

  • 紹介:

  • 突然ですがクイズです。

    新歓コンパの自己紹介で、
    「B寄りのAカップが好きです!」
    と宣言したむなかた君。
    ※もちろんカップってあのカップです。
    そんな彼はどちらでしょうか。

    A. 目力すごくて卓球強くて、先輩からの振りを無視できないピュアボーイ

    B. 心に闇を抱えた変態(低身長)

    難問ですね。
    彼の名誉のために補足しますが、むなかた君は本来まじめです。多分。
    上記の自己紹介の後も、耳まで真っ赤になっているのを私は見てしまいました。

    彼の中で何かが狂ったのは、「安積高校の闇」とやらを経験したからであるとかないとか。不憫。



    あ、クイズの答えですか?

    B寄りのAですね。

    (鈴木)


  • 学部:工(電気)
  • 出身:野沢北 (長野)

  • 紹介:

  • 1年の冬に入部した期待の新入部員。

    携帯は持っておらず、連絡手段は学校のパソコンへのメールのみ。本人曰く、携帯は1セメにソシャゲにハマりすぎたので自らの手で壊したとか。

    さらに趣味は無く、家では勉強をしているらしい。…とてもストイックである。

    そんなストイックな彼に今後とも注目していきたい。




    なお、1セメの線形と情報を落単した模様。




    …マジかッ!

    (中村)

しゃべるあらこー


  • 学部:工[電気]
  • 出身:栃木 (栃木)

  • 紹介:

  • 彼はピアノ、読書、スポーツ、音楽、映画と実に多趣味で、いい人オーラが漂う人です!

    突然ですが、私の最近一番恥ずかしかったことを書きます。

    先日、ボールをとってくれた人が若松くんだと思って
    「ありがとう」
    と言ったら実は荒晃さんだった事件。

    穴があったら入りたい…

    (荒晃さん、本当にごめんなさい(×_×) 若松くんもごめんなさい(._.))

    若松くんは顔(?)と雰囲気がとっても荒晃さんに似ています。

    もう間違えないように気を付けます。

    (小泉)


  • 学部:工 [電気]
  • 出身:下妻第一 (茨城)

  • 紹介:

  • 実は彼、卓球は高校から始めたらしい。じゃあ中学のときは何やってたんだろ…

    そう思って彼を観察してみた。


    彼の得意技は細かすぎて伝わらない野球ネタである。
    彼の髪型はほぼほぼ坊主。
    そして野球キャップが似合いそうなほどの色黒。
    そんな彼の卓球はどことなく野球のバットを素振りしているようである。
    その大振りから発せられるストレート・カーブ・ショート、そしてナックルと言うような様々な球種は相手を容易に三振へと誘う。
    そういえば好きな球団はヤクルトだったかな。


    え?彼は元々何部だったって?
    いや、僕にはちょっと想像もできない難題だな。

    (宗形)

TOPへ戻る  上へ戻る